現在のロケーション:ホーム>>生産・消費情報
 

2017年35週目(2017年8月28日—2017年9月3日)農産物市場動態分析

日付け:2017-09-06       ソース:農業部市場経済情報司
 

201735週目(2017828—201793日)農産物市場動態分析

国内鶏卵価格やや下落、国際大口農産品価格変化有り

農業部市場観測と調査によると、201735週目(2017828—201793日、以下は同じ)全国農産物卸売価格200指数は99.292015年の数値は100とする。以下は同じ)であり、先週より1.17ポイント上がった。全国野菜卸売価格200指数は99であり、先週より1.38ポイント上がった。

重点観測を指定された50社の卸売市場、60品目の取引高は53.31万トンであり、先週より2.2%下がった。

主要農畜水産物の価格変化(201735週目)

 

 

卸売価格

取引

平均価格

(元/キロ)

先週より

(%)

平均価格

(元/キロ)

前期比

(%)

前年比

(%)

取引量

(万トン)

前年比

(%)

畜産物

(注1)

 

 

 

 

 

 

 

豚肉

20.34

 

 

-18.8

+0.3

 

 

牛肉

53.23

 

 

+0.1

-0.2

 

 

羊肉

46.88

 

 

+6.4

+1.3

 

 

鳥肉

14.38

 

 

-2.8

+1.8

 

 

鶏卵

8.88

 

 

+13.8

0.1

 

 

合計

 

 

 

 

 

1.53

+7.8

水産物

 

 

 

 

 

 

 

ハクレン

6.83

 

 

 

-2.7

 

 

草魚

15.13

 

 

 

-1.5

 

 

コクレン

12.93

 

 

 

+0.6

 

 

コイ

11.7

 

 

 

-1.1

 

 

太刀魚

36.59

 

 

 

-2.1

 

 

フナ

17.24

 

 

 

-1.7

 

 

フウセイ

44.08

 

 

 

-0.8

 

 

合計

 

 

 

 

 

0.92

+2.2

野菜

 

 

 

 

 

 

 

28品目平均

(注2)

 

 

 

 

 

 

 

ズッキーニ

 

 

 

 

+12.5

 

 

キュウリ

 

 

 

 

+25.6

 

 

ヒラタケ

 

 

 

 

+7.3

 

 

ほうれん草

 

 

 

 

+6.7

 

 

インゲン豆

 

 

 

 

+5.2

 

 

レンコン

 

 

 

 

-4.1

 

 

冬瓜

 

 

 

 

-3.4

 

 

白菜

 

 

 

 

-3.2

 

 

その他

(注3)

 

 

 

 

 

 

 

合計

 

 

 

 

 

39.68

-2.7

果物

(注4)

 

 

 

 

 

 

 

巨峰ブドウ

 

 

 

 

-4.2

 

 

スイカ

 

 

 

 

+1.4

 

 

バナナ

 

 

 

 

-1.5

 

 

富士リンゴ

 

 

 

 

-0.5

 

 

洋ナシ

 

 

 

 

-2.1

 

 

パイナップル

 

 

 

 

-+0.6

 

 

合計

7品目)

 

 

 

 

 

10.58

-5.4

注:

1.農業部が重点観測を指定された50社の取引量が1.53万トンであり、前年度より7.8%下がった。

2.農業部が重点観測を指定された主要野菜(28品目)の週平均価格が3.7/キロであり、前期より5.8%下がった。前年度より2.4%上がった。11品目は上昇、19品目は上昇、9品目は下落。

3.価格変動は5%以内である。

4.農業部が重点観測を指定された主要果物(7品目)の週平均価格が4.9/キロであり、前期より1%下がり、前年度より1.6%下がった。

Related Accessories:
関連ニュース
最近チェックした商品

閉じる