現在のロケーション:ホーム>>ニュース
 

青島世界園芸博覧会が25日開幕 目玉は宇宙野菜

日付け:2014-04-21       ソース:人民網
 

 

 

 

 

   2014年青島世界園芸博覧会が4月25日から10月25日まで、山東省青島市で開催される。今年の博覧会では、多種多彩なイベントが用意されているほか、創意工夫が凝らされたさまざまな建物が目玉だ。うち、「野菜芸術館」では、豆でできた壁、トウガラシでできた屏風、カボチャでできた屋根などが展示されている。同館で、来場者は市場に並ぶことはない「宇宙トマト」の味見もできる。

 「野菜芸術館」の館内の飾り付けや設計理念は、「生活に自然を」をテーマにしている。同館で話題を集めそうなのが、「宇宙から来た野菜」だ。スタッフによると、展示されている多くの植物が宇宙にいったことがある「高級品」。病気や害虫に対する抵抗力が通常の野菜の5倍で、成長も非常に速いという。例えば、テニスボールほどの大きさのカボチャは、3カ月で直径80センチ、重さ100キロ以上に成長するという。ただ、これらの野菜を食卓に並べることはまだできない。現在、宇宙野菜技術はすでに成熟しているものの、それが市場に出るにはまだ時間がかかりそうだ。

Related Accessories:

閉じる