現在のロケーション:ホーム>>ニュース
 

国家図書館農業部分館設立 農業部図書館と在京大使館 図書交換式

日付け:2014-04-16       ソース:農業部情報広報室
 

 

   414日、世界「読書の日world book day)」がめいてくる前に、農業部と国家図書館は、農業部図書館をベースとして、国家図書館農業部分館を共同で設立する協力議定書を結んだ。文化部元副部長、国家図書館名誉館長周和平、農業部部長牛盾は国家図書館農業部分館で除幕式を開催した。除幕式で農業部図書館は一部の在京大使館(代表部図書交換式行った

 牛副部長祝辞で、国家図書館農業部分館の設立と図書交換は、農業部近代公共文化サービスシステムの構築や「草の根」文化措置の一環として、農業文明の普及のためにプラットフォームを構築し、農業部職員と幹部の文化知識の拡大ルートになり、世界各国との文化交換に役立つと強調した。今後は引き続き、文化、国図書館、駐在大使館(代表部との文化交流を強化し、高品質の農産物と豊かな農業文化製品として力を尽くし、「二重の豊作」に努力するように呼びかけた。

 国図書館館長韓永進は祝辞で、農業部分は国図書館15番目の省庁分館であり、その設立をきっかけに、図書館が農業部にサービスを提供する新たなスタートである。今後国家図書館が農業部の需要を把握し、迅速かつ便利かつ高品情報サービスを提供し、農業部の科学的かつ民主的な政策決定に貢献したいとおしゃった。

 欧州連合(EU) 、フランス、ドイツ、韓国、南アフリカなど5つの在京大使館(代表部の農業参事官は、農業部図書館に各国の農業文化を反映する図書を贈呈した農業部図書館は返礼として「農本3種」、「紅楼夢」など伝統的な図書を送った

 このイベントは、国図書館農業部機関事務センター国際交流センターが主催した。

Related Accessories:

閉じる