現在のロケーション:ホーム>>ニュース
 

中国が初めて農業展望レポート(2014-2023)を公表

日付け:2014-04-22       ソース:農業部情報広報室
 

 

  420、中国農業農業科学院農業情報研究所が主催する第1回中国農業展望会議が北京で開催された。初めて『中国農業展望レポート(2014-2023 )』及び食品、綿花、搾油、砂糖、食肉、卵、牛乳、野菜、果物など農産物ごとの展望報告書を発表し、中国式な農業情報監視と早期警戒システムの起動を示し、事前に市場のシグナルをオープンし、効果的に需給を導き、イニシアチブ的に国際変化に対処するための新しいページを開いた。

 報告書に中国の農業は将来にチャンスとチャレンジを直面している。チャンスとしては、農業経営システムが生産能力を活性化させ、技術革新雅農業生産方式の転換を主導し、保護的な農業政策が継続し、情報技術化が農業の近代化に支援するなどをあげられる。チャレンジとしては、耕地資源の継続減少、水資源の制約、気候変動などが農業生産に不確実のリスクをもたらした。この10年間に主要農産物の需要の増加率は、生産成長速度よりもわずかに高くなったが、中国人を養う農産物は、しっかり自分の手で握ってきた。
 報告書に今後10年間、中国の主要農産物生産は安定の中に増加すると予測した。そのうち、米、小麦、砂糖、野菜生産などの生産は、堅調な成長を見込み。水産物、牛肉、羊肉、飼料、トウモロコシ、搾油、卵などは急速な成長を見込み。牛乳は3.5%の年間成長率という最も速く成長する見込みである。その代わりに主要農産物の需要は成長が早い。そのうち、魚、牛乳、トウモロコシ、砂糖、果物の消費が2%以上の年間成長率で増加し、肉、小麦、米、綿、野菜の消費の伸びは、より堅調である。具体的に言うと、米、小麦、トウモロコシの自給率は高い水準を持ち、「穀物の基本的な自給、食用穀物の絶対的な安全」という食料安全保障の目標を達成できる。食用油の生産は着実に成長し、輸入が減少し、2023年まで大豆の輸入が7300万トンになると予想される。綿花は比較収益の低下、国の調整政策などの要素によって、生産面積と生産量が低下する見込みで、消費量が穏やかな成長を見られる。砂糖の消費は急速に成長し、生産の増加が遅いため、今後の自給率が低下する見込みである。牛乳は生産の減速によって、輸入が増加すると予測する。卵、野菜、果実の加工用途の需要が速く成長するが、全体的に貿易黒字を維持する見込みである。水産物の増産は主に養殖に集中し、引き続き世界をリードする水準を保つ。飼料の増産は主に配合飼料に集中し、年間2.3%の成長率を保ち、需要も着実に増加するだろう。一言で言えば、農業は中国のマクロ経済の健全な発展のための基本的なサポートを提供し、中国は世界の食料生産と食料安全保障のために新たな貢献をすると予測する。

Related Accessories:
最近チェックした商品

閉じる