現在のロケーション:ホーム>>行政許可について
 

外国人が国内で絶滅危惧・希少動物水生野生動物を調査する審査許可

日付け:2011-09-20       ソース:
 

 

行政許可案件の名称 :外国人が国内で絶滅危惧・希少動物水生野生動物を調査する審査許可

 

行政許可案件の類型: 審査許可

 

審査許可する内容:

 

1.実地調査の路線、時間と内容

2.標本採集・ビデオを撮ることができるか

3.標本採集、映像文字の処理及び使用計画

 

法律根拠:

 

1.中華人民共和国野生動物保護法

2.『中華人民共和国水生野生動物保護実施条例』(1993917日に国務院に許可されて、1993105日に農業部が公布した

3.中華人民共和国水生野生動物利用特許弁法(1999年農業部令第15公布、2004年農業部令第38改正

 

受理条件:

 

1.省レベル漁業行政主管部門が審査意見を提出しかつ正式公文を提供する。

2.送付しなければならない材料は以下通りである。

出願書(内容は実地調査の路線、時間、内容、標本採集等事項を含む)

国内外が共同で実地調査をする場合、連携協議(写し)を提出しなければならない。

 

取扱の手続:

 

1.申請書類受理。農業部行政審査許可総合センターが省レベル漁業行政主管部門から送付した申請資料を受理し、予備審査を行う。

2.専門家審査。農業部漁業局は国家関係規定に基づき、申請資料に対して審査を行う。

3.許可書の交付。農業部漁業局は審査意見により審査許可案を農業部長にを提出し、部長が審査許可した上、許可書を交付する。

 

取扱の期限: 申請日から土日、祝日を除いて20日間

 

手数料徴収基準: 無料

Related Accessories:
関連ニュース
最近チェックした商品

閉じる