現在のロケーション:ホーム>>中国農業概況
 

中国農業5

日付け:2013-03-10       ソース:
 

四、中国農業未来の展望

今後、中国は工業化・都市化・市場化・国際化が迅速に進む発展段階に入る。経済社会の持続的な発展により、農業に更なる強固なサポートを要求される。中国は引き続き農業・農村・農民問題をすべて政府任務において「重点中の重点」として見る。より一層農業の基礎的な地位を強化し、中国の特色ある農業の現代化の道を歩み、工業振興によって農業を促し、都市の成長によって農村振興を展望するという持続的社会発展メカニズムを形成し、都市・農村経済・社会発展の一体化という新しい仕組みを構築する。

(一)農業綜合生産能力を向上すること。食糧生産を安定的に発展し、国の食糧安全を確保する。食糧主要産地のインフラ整備を強化し、食糧の単産・品質・収益を向上する。食糧自給率を95%以上、2010年から食糧総合生産能力を5.0億トン以上安定させ、2020年に5.4億トン以上を向上させる。主要農産物が安定的増産を実現する。2010年に、棉花、搾油作物、砂糖の生産量がそれぞれ680万トン、3200万トン、12000万トンになった。野菜、果物など青果物の生産量を安定させる過程で、やや増やしを実現した。肉類、卵、原料乳の生産量がそれぞれ8400万トン、3000万トン、4200万トンになった。水産物の生産量は6000万トンに達した。

農地の保全制度を厳格に遵守し、基本農地の面積も地力も減らないことを確保する。2010年と2020年の全国農地の保有量をそれぞれ121.2百万ヘクタール、120.3百万ヘクタールに確保する。農地改良により地力をあげ、農業自然災害予防能力を向上させる。

農業技術の試験開発と実用化移転能力を向上する。国レベルのアグリテクノロジー・イノベーション・ゾーンと地域レベルの農業試験センターの整備を加速する。農作物新品種・種畜種禽・水産新品種の開発・繁殖、飼料開発、疾病予防と治療、省エネ技術、汚染防除技術など開発と普及を加速する。スーパーハイブリッドライスなど新品種を開発し、普及させる。新品種育成者権力の保全を強化し、品種資源の保全と合理的な利用を重視する。2010年に、農業科学技術の貢献率を53%に、重要産地において先進技術の実用化率を90%以上に達した。

(二)農業構造調整を推進すること引き続き農業構造の戦略的な調整を推進し、農業の品種構造と地域分布を改善する。2010年になると、農産物の地域分布がより合理的になり、優勢を持つ農産物産地帯が初歩に形成した。農業の産業構造がより合理化になり、養殖業は農業生産値を占める比率が50%になった。農村の産業構造もより合理化になり、二三次産業が迅速に発展し、農産物加工業と農業生産産値の比重が1.51になった。農村の就職構造は逐次に改善され、郷鎮企業が毎年250万人以上を吸収し、出稼ぎ農民工が毎年500万人余り増加した。

(三)農業公共体系の整備を強化すること。引き続き農業技術普及、農産物品質安全と基準、動物疾病予防と治療、新品種育成者権力、認証認可などの農業公共体系を改善する。2010年、全国農業機械のパワー容量は8億キロワットになり、総合機械化率は45%以上に、各種類の専業合作経済組織(協同組合)に加入する農家数は30%以上達した。

Related Accessories:
関連ニュース
最近チェックした商品

閉じる