現在のロケーション:ホーム>>中国農業概況
 

中国農業6

日付け:2013-03-10       ソース:
 

(四)農村流通体系を改善すること。農産物卸売市場の整備と改造を推進し、農産物の品質標準化、包装規格化を促す。引き続き「万村千郷の市場整備」プロジェクトを実施し、供銷合作社の販売ネットを改良し、都市部の小売業を農村部へ延長することを加速する。農産物の「ファーストトラック」ネットを改善する。農業資材のチェーン店経営を発展し、農業資材市場の秩序を規範する。

(五)農民の収入を増加させること。顕著な特色を持って、付加価値が高い農産物を積極的に発展し、農業の産業チェーンを延長し、農業の産業化経営を支持、発展し、農業の増収潜在力を掘り出す。郷鎮企業の経営システムと構造改革を推進し、地域経済発展を支援し、余剰労働力を非農産業や都市部への移動を誘導し、非農収入を増加させる。引き続き主幹農民への直接補助政策を実施し、農産物価格支持を合理的な範囲で維持し、農業生産資料価格を安定させ、全面的な農業支持制度を形成する。2020年に、農民1人当たりの純収入を2008年の2倍に、農村消費レベルを向上し、都市との格差を緩和させる。

(六)農村の生活環境を改善すること。農村インフラ整備を強化し、農村の生態環境保全に尽力し、積極的に農村医療衛生事業と社会保障事業を発展させる。2010年までに、1.6億人の飲水安全問題を解決し、農村部における水道水の普及率を55.0%にした。全国で農村家庭メタンガス発生施設を4000万戸普及した。農村用道路を120万キロ修復、新築した。基本的に無電気の農村の電力問題を解決した。農村生活ごみと汚水の治理により、農村生活環境を顕著に改善した。

(七)新型農民を育成すること。農村教育、技能研修、文化事業の発展を加速し、文化素質も技術腕も経営能力もある新型農民を育成する。農村義務教育を普及、強固し、農村教育条件を顕著に改善する。新型農民の技術研修を支援し、就農技能と新技術吸収能力を向上させる。農村労働力移転技術研修プロジェクトと農業技能人才育成「ゴールデンブルーカラー計画」を実施し、農村労働力の就職能力を強化させる。農村実用人才研修を強化し、より多くの主幹農家、農村職人、経営者、技術者を育成する。

(八)農業と農村投入を増加すること「多予、少取、放活」(財政投入を農に偏り、負担を低減し、農の活性化を実現する)という方針に基づき、工業振興によって農を促し、都市の成長によって農村振興を展望するという持続的社会発展メカニズムを構築する。国民収入の配分構造、国家財政支出、予算内の固定資産投資を調整し、「貯蔵量を適切に調整し、増量を重点分野に偏り」という原則に基づき、相変わらず農業農村に対する投入を増加する。公共財政が農村をカバーする範囲を拡大し、三農に投入する増加率が昨年より高いことを確保し、教育、医療衛生、文化財政への新たな支出増加は主に農村に投入する。中央と地方政府はインフラ整備投資を農業農村に重点とする。政府農業支援投資の管理方式を改革し、各種類の農業支援投資を統合し、資金の使用效率を向上させる。金融機構は農業農村に対する投入の増加を奨励、支援し、積極的に小口貸付けを発展し、社会資金を農業農村に誘導する。

(九)農村改革を深化すること。農村基本経営制度を安定、改善させ、法に基づき農民に充実し且つ保障がある農地の請負権を給与し、現有の土地請負関係を維持し、更に長期間に安定させる。土地請負経営の譲渡管理と情報提供を強化し、土地請負経営権の譲渡市場を構築、改善させる。「法に基づき、自主的、有償」という原則に基づき、農民に再譲渡・貸出し・有償無償交換・株式化などの様式で経営権の譲渡を許し、多様多彩な適切規模経営を発展する。土地請負経営の紛争仲裁を強化し、法に基づき農民の土地請負権を保全する。農村税制改革の成果を強固し、全面的に農村綜合改革を推進させる。農村金融体制改革を深化させ、農村金融体系を構築、改善させる。土地徴収制度改革を加速し、土地徴収された農民に合理的な補償対策を充実させる。村の集団経済組織の職能を強化させる。政務公開・民主管理を推進し、村の党支部が指導し且つ活発した村民自治体制を充実させる。

(十)農業の対外開放を拡大すること。中国の農業発展は国際協力と離れず、世界の農業発展も中国の全方位参加を期待する。中国は農業対外開放の拡大を基本方向とし、「協力、発展、共栄」を基本原則とし、「農業効率性、農民増収、農産物国際競争力強化」を基本目標とし、現代農業整備の推進を基本任務として揺るぎなく、引き続き世界諸国・国際機構との友好協力関係を強化する。1.食糧分野の国際協力を強化する。『国連ミレニアム宣言』の関連承諾を履行し、更に国連食糧農業機構「食料安全」特別事業(SPFS)の枠組みでの南南合作協力を参加し、海外で農業技術普及センター整備、国内で海外の農業管理者・技術者研修などのプロジェクトを実施し、発展途上国に農業生産力と食糧安全保障の強化に積極的な役割を発揮する。2.農業国際貿易の健全的な発展を促進する。絶えずに中国農産物の品質安全レベルを向上し、WTO加盟国の責務を履行し、国内・海外の消費者に安全安心な農産物を提供する。それと同時に発展途上国の一員として食糧安全、農民生活水準向上、貧困解消など特殊な情勢と発展の需要に基づき、国内の食糧安全を確保する。3.積極に二・多国政府間の農業協力に参加する。ハイレベル対話、事務レベルワークショップなど安定且つ有效的な二・多国間の交流メカニズムを利用して、農業分野の国際進出・技術交流・経済協力・人員往来等を促進する。

Related Accessories:
関連ニュース
最近チェックした商品

閉じる